会長挨拶2021

「ロータリーを楽しもう-ENJOY ロータリー-」

2021~2022年度 武生ロータリークラブ 第68代 会長 野田 義弘

第68代 会長 野田 義弘

  • H17-18 インターアクト委員長
  • H19-20 社会奉仕委員長
  • H21-22 青少年奉仕委員長
  • H25-26 インターアクト委員長
  • H26-27 クラブ会員増強委員長
  • H28-29 インターアクト委員長
  • H30-31 国際奉仕委員長
  • R2-3  会長エレクト

2021~2022年度国際ロータリー会長シェカール・メータ氏は、「奉仕しよう、みんなの人生を豊かにするために」をテーマに掲げられました。奉仕することで、誰かの人生だけでなく自分の人生も豊になると言われています。また、「もっと行動し、もっと成長する」ためには、会員増強がロータリーの最優先事項だとも言われています。

これを受けて、2021~2022年度第2650地区ガバナー馬場益弘氏は「活力と輝き」―ロータリーの基本を大切に―を地区スローガンとされました、ロータリーの本質に目を向け、創立以来の多くの良き伝統を尊重し、継承していなくてはいけない。コロナに負けず三つの健康(自分の健康)(家族の健康)(仕事(会社)の健康)に留意して、仕事に活力を蘇らせ、周りの人たちに耀く笑顔を取り戻すことに専念することだ。また今こそ、我々が自身の天職を通じて世の中に奉仕し、人生や仕事そしてロータリーに活力と輝きを与えることがクラブの魅力を引き出し、例会出席と親睦、さらには多くの奉仕活動に繋がると言われています。

2021~2022年度武生ロータリークラブのテーマは、「ロータリーを楽しもう -ENJOY ロータリー-」とさせていただきました。コロナ禍の中、例会中止、ともにできない奉仕活動、会員のロータリーに対してのモチベーションも下がる中、ロータリーの基本理念である「奉仕と親睦」特に親睦活動を活発にすることにより、会員またクラブに活力が生まれ今後の奉仕活動に繋がる事だと考えこのテーマといたしました。「楽しくなければロータリーじゃない」本年度、いろいろな奉仕事業、楽しめるロータリーを活動計画しています。ワクチン接種も始まり、通常例会が出来ることを期待し、ロータリーの基本理念「四つのテスト」とともに「三つの健康」を加え、クラブ会員が皆笑顔(活力)になってもらえるよう、微力ながら一生懸命努力させていただきますので、皆様のご理解ご支援のほどよろしくお願いいたします。